8/29「Hacostudio Zero」レポート(1/3)

今回は撮影スタジオでのポートレート撮影を紹介する。
以下は8/29『Hacostudio Kawasaki』の廃墟風スタジオ「Zero」にて開催した「化物語&Angel Beats!合わせ」での撮影記録である。

かつて怪異の王であり最強の吸血鬼であった美女「キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード」。
今は力を失い、ただ部屋の隅にうずくまる、儚げな幼女の姿に存在を留めた「忍野忍」となった。

e0248503_2264032.jpg


ニコンD7000
AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
17mm F11 1/250秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

今回の撮影コンセプトは光のコントロールによる情景描写。
すなわち、スタジオという同一環境内での窓からの外光、備品の定常光機材、
さらにはストロボワークによる「室内光」「夕日」「月光」の再現をモデルが演じるキャラクターのイメージに合わせて使い分けた。

この吸血鬼の潜む夜の再現には。Panasonic PE-SG60にB-6フィルターをパーマセルで固定した。





 持参したライティング機材は強力なグリップ式ストロボであるPanasonic PE-SG60を一灯。
ストロボ光の色温度変換にはロスココンバージョンフィルターのアンバー「A-5」およびブルー「B-6」を使用し、カメラのホワイトバランスは5300Kに固定。
 バウンス素材には直径70cm白アンブレラおよび直径85cm丸レフを使用した。

作品「化物語」
今回登場するモデルと扮するキャラクター名は以下の通り。
弥一さん:阿良々木暦
波音さん:神原駿河
紀露さん:羽川翼
眞緒奈さん:忍野忍/戦場ヶ原ひたぎ

(【注意】本ブログは掲載にあたり肖像写真に関してはモデルとなった方の許可を必ず頂いている。従って第三者の転載・コピーについてはモデル本人の肖像権の観点から厳禁とさせていただく)。

e0248503_2222223.jpg


ニコンD7000
AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
12mm F11 1/100秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

死にかけた吸血鬼にその身を差し出し、眷属となった少年「阿良々木暦」。
自らを助けてくれた恩と、彼を助けさせてくれなかった恨みとの狭間で苛立ち、背を向け座る忍野忍。

e0248503_223260.jpg


ニコンD7000
AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
15mm F11 1/100秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

いつしか鬼は少年を許し、凸凹コンビが誕生する。

次は夕日に照らされる校舎をイメージ。Panasonic PE-SG60にA-5フィルターをパーマセルで固定した。

本作のヒロイン、蟹に行き会った少女「戦場ヶ原ひたぎ」。はさみを両手に眼光鋭いツンデレクイーン。ストロボの固い直射光で恐怖感を演出。

e0248503_2235334.jpg


ニコンD7000
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
F8 1/200秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

e0248503_224285.jpg


ニコンD7000
AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
14mm F8 1/250秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

あこがれの先輩、戦場ヶ原ひたぎを追って直江津高校に進学した後輩の神原駿河。だがその想いは怪異がらみの理由から無情にも激しい拒絶を受けるであった…。


続くは委員長の中の委員長、羽川翼。

e0248503_225423.jpg


ニコンD7000
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
F8 1/100秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

e0248503_2253072.jpg


ニコンD7000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
F9 1/100秒
ISO800 スポット測光
WB:5300K JPG
Panasonic PE-60SG マニュアル発光

一見、完璧なまでの正しさを持つ「純白」な彼女だが、心の内に無意識に押さえ込んでいる暴虐の怪異、ブラック羽川が身をひそめる。二面性が混在する妖しいまでの魅力を柔らかな陰を生む傘バウンスで表現した。

ここまでで夜と夕方の表現をリポートした。
次回は、昼間の表現について記載する予定である。
[PR]
by ume13years | 2011-09-04 00:22 | 肖像写真
<< 写真部:お題「空(そら)」 写真部:お題「後ろ姿」 >>