8/24「となコス」レポート(2/2)

「私に話しかけないでください。あなたのことが嫌いです」(八九寺真宵)

e0248503_2112997.jpg

ニコンD200
AF-S DX NIKKOR 50mm f/1.4G
F2.8
1/1,250秒
ISO400 マルチパターン測光
WB:5300K RAW
現像ニコンCapture NX2
モデル
八九寺真宵:にーな 様
阿良々暦 :Rio 様

作品は『化物語』。迷子にもかかわらず慇懃無礼な「八九寺真宵」と、自己犠牲をいとわず困った人を見過ごせない性分の主人公の少年「阿良々木暦」。人を近づけまいとする態度の裏にはある悲しい理由が隠されていた…。

以下は前回同様、8/24TFTにて開催された「となコス」での記録である。





次なる撮影コンセプトはストロボを使わない“ぼけ”による被写体の強調だ。
“ぼけ”は女性や子供のポートレートではオーソドックスな手法とされ、全体にソフトな印象を作り出す。だが、明確な作画意図がある場合を除き、ぼかし過ぎには注意したい。

前回紹介した作品と同じ「化物語」だが、第二話「まよいマイマイ」は太陽の降り注ぐ昼間の児童公園、コミカルな雰囲気で話が展開される。
まずは背景の選択、単調な風景にならないよう、かつ人ごみを目立たないようにカバーするためには、窓ガラスに映り込んだ風景をぼかして生かすこととした。次はレンズの選択、引きがない環境でも“ぼけ”を得やすい大口径50mm単焦点レンズを使った表現が最適だと判断。二人の会話する光景が伝わるよう、ぎりぎりのフレーミングと被写界深度で撮影した。

続いてそれぞれのピン写真をお願いした。

八九寺真宵
e0248503_11451461.jpg


阿良々木暦
e0248503_11454844.jpg


設定は同上。

陽気に愛嬌を振りまく八九寺真宵「動」とニヒルに笑う阿良々木暦「静」の対比が印象的。キャラクターのイメージにぴったりといえよう。

私信:撮影に快く応じていただいたお二人、ありがとうございました。
またお会することがあればよろしくお願いいたします。
[PR]
by ume13years | 2011-08-28 12:43 | 肖像写真
<< 写真部:お題「後ろ姿」 8/24「となコス」レポート(... >>