8/29「Hacostudio Zero」レポート(3/3)

前回とだいぶ間が空いてしまったが引き続き、撮影スタジオでのポートレート撮影を紹介する。
以下は8/29『Hacostudio Kawasaki』の廃墟風スタジオ「Zero」にて開催した「化物語&Angel Beats!合わせ」での撮影記録である。

集合カット
テイク2
e0248503_22533784.jpg

テイク9
e0248503_22541083.jpg


作品「Angel Beats!」
今回登場するモデルと扮するキャラクター名は以下の通り。
弥一さん:野田
波音さん:藤巻
紀露さん:日向秀樹
桜戸姫音さん:直井文人
眞緒奈さん:立華奏(天使)

(【注意】本ブログは掲載にあたり肖像写真に関してはモデルとなった方の許可を必ず頂いている。従って第三者の転載・コピーについてはモデル本人の肖像権の観点から厳禁とさせていただく)。

(2/3)で予告したように、今回はデジタル一眼レフカメラにパソコンを接続して遠隔操作するスタジオ撮影についての備忘録を公開する。




使用するのはNikon Camera Control ProをインストールしたMac Book Air 11.6
inchiとライブビュー撮影ができるnikonD7000。
撮影現場に持ち込み易く、機材の展開・撤収もスピーディーに行える軽量コンパクトなシステムをテストした。

これは今回のシステムの概要である。
(後日参考写真)
e0248503_2325847.jpg



一番のメリットはファインダーよりもはるかに大きなパソコン画面でプレビューできること、
また撮影結果をすぐさまカメラマンとモデルの双方がチェックすることができ、イメージを共有することができることである。
すなわちモデルに撮影結果やライブビューを見てもらいながら、一緒なって作品づくりをする雰囲気を醸成することができるのだ。

今回の作例を紹介する。

野田&藤巻ツーショカット
テイク6
e0248503_2252970.jpg

テイク12
e0248503_22511293.jpg


言うまでもなくポートレート撮影においてはモデルとの意思疎通は重要である。
このことは頻繁にカメラのバックパネルで撮影した画像を見せながらモデルとコミュニケーションをとることを心がけているカメラマンであれば大いに納得していただけると思うが、
カメラのバックパネルをのぞこうと自分やモデルが動くたびに構図のイメージが崩れ、再びカメラを構えた際に設定を変更し直すこととなり、スピーディーな撮影ができなくなってしまうことがある。
三脚に固定した場合もイメージを伝えようと画像を見せようと思ってもいちいち取り外すのが手間となり、そうこうするうちにモデルが立ち位置から動いて見に来ることとになってしまう。これもまた撮影のテンポを乱してしまう。

直井文人&立華奏(天使)ツーショカット
テイク1
e0248503_22502327.jpg

テイク7
e0248503_22495428.jpg


手順は自分のイメージする構図に三脚にカメラを固定し、モデルに立ち位置を伝える。
モニターに映ったライブビュー映像を一緒に見ながら、ライティングやポーズを詰めていく。
撮影結果はすぐさまモニターにプレビューされるので、一度決めた構図をそのままにリアルタイムでイメージの共有化することができ、満足する結果が出るまで互いに何度もリトライできる。
結果がすぐに分かれば、現場の雰囲気も盛り上がり、モデル役も次第に役柄なりきって表情もよくなってくる。

立華奏(天使)ピン写カット
テイク9
e0248503_22485761.jpg

テイク17
e0248503_2246579.jpg


物珍しいのも手伝ってか、今回の撮影方法はモデル役となっていただいた皆さんに好評を得ることができた。

だが一方で今後の撮影を通して新たな課題や制約についても見えてきた。

一つ目はカメラを三脚に固定する必要性からフットワークが悪くなるという点だ。
アングルや構図の変更は手持ち撮影に比べ手間がかかる。
頻繁に縦横の構図、カメラポジション、画角やアングルを変える際はデメリットともなりえるのでそのような撮影スタイルの方にはオススメできない。
逆に明確なイメージありきの撮影においては、メリットになる。

二つ目は、オートフォーカスについてのトラブル。
暗い室内撮影において私が主に使用するグリップタイプストロボメインの撮影ではF8~F11まで大きく絞り込むことが多いが、
ライブビュー撮影はオートフォーカスの方式が暗所に弱く、「AF+撮影」のコマンドを選んだ場合にミスが多発するということがわかった。
この場合はLEDの懐中電灯をターゲットライト(AF補助光)に使用するか、もしくはフォーカスはマニュアルで設定し、「撮影」のみのコマンドで対応できることが確認できた。

そして三つ目は機材を展開できる余地のあるスタジオ撮影には極めて有用なシステムだが、移動や天候を考慮する必要がある野外ロケや、
場所の制約があるイベント撮影には不向きである点も見えてきた。
このあたりは工夫次第で解決する面もあるだろうが、コスパとメリットを天秤にかける必要はあるだろう。
[PR]
by ume13years | 2011-10-01 22:56 | 肖像写真
<< 写真部:お題「スローシャッター」 写真部:お題「○(丸)」 >>