9/11 OKSコスプレイベント撮影『ひぐらしの鳴く頃に解(専属カメラマン参加)』(1/2)

日常の中に潜む狂気。
これは悪人が事件を起こし、善人が倒すという明快な話ではない。
恐怖に蝕まれれば誰もが加害者になりうるという可能性。
それに打ち勝つのは仲間を信じ、力を合わせて立ち向かうことだけだ。

ひぐらしの鳴く頃に
e0248503_17494038.jpg


今回はコスプレイベント会場での撮影について記した備忘録を公開する。

OKSは川口市に位置する築30年の工場や事務所跡を開放したイベント会場。
モデル役2名に同行し、専属カメラマンとして参加した。
モチーフは『竜騎士07』原作のサウンドノベル作品『ひぐらしの鳴く頃に解』。

登場人物のそれぞれが光と陰の二面性を持つ「人間らしさ」を感じさせる作品である。





今回は登場人物の心情を情景描写することを目指し、
そのシーンごとに最適な機材、ライティングを工夫した。

演じる役柄とモデルは以下の通り。
前原圭一役:RANさん
竜宮レナ役:桜花さん

舞台設定は昭和58年、夏の雛見沢村
e0248503_17273477.jpg


都会でトラブルを起こし転校してきた中学生の前原圭一は、
同じく昨年この村に転校してきた竜宮レナと親しくなる。
e0248503_1727941.jpg

e0248503_17265056.jpg


レナを始めとした、部活メンバーの明るさにふれ、
圭一は次第に笑顔を取り戻していく…。

e0248503_17263317.jpg

希望に満ちた浄化のプロセス、いわば「光のターン」である。

中盤に差し掛かり事態は風雲急を告げる。
e0248503_17305819.jpg

雛見沢症候群という精神を錯乱させる風土病の存在。

平和だと思っていた村に隠された陰惨な事件の存在を知る。
e0248503_17312557.jpg


じわじわと迫る闇に抗うかのように明るく振る舞うレナ
e0248503_17321248.jpg


日没迫る中、ヒグラシの鳴き声が聞こえだす。
e0248503_17324182.jpg


オヤシロ様と呼ばれる一人の少女を軸に何度も繰り返される残酷な輪廻。
毎回、登場人物の一人が疑心暗鬼に取憑かれ、
凄惨な事件を引き起こすという運命に抗う物語だ。
e0248503_17244760.jpg


次回、後半の闇のターンを公開する予定。

使用機材
メイン機 D7000(桜花さん所有)
予備機  D200
照明機材 Panasonic PE60SG
     SB700
     白アンブレラ
レンズ  AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
     AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(NEW)
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 
PC macbook air 11inch
その他  ライトスタンド、三脚、丸レフ
     ロスココンバージョンフィルター A-5(夕暮れの光を再現)、B-6(月光を再現)
[PR]
by ume13years | 2011-10-02 14:36 | 肖像写真
<< 9/11 OKSコスプレイベン... 写真部:お題「スローシャッター」 >>