追悼ジョブズ氏

e0248503_1232640.jpg


金曜日の早朝、私はちょうど銀座に仕事で来ていた。

そこにはいつもと違う光景。
目にしたのは路上にたくさんの献花、そしてりんごが置かれたアップルストアーだった。



e0248503_1171090.jpg


前日のニースで訃報は知っていたが、
改めてこの光景を目にすると
「一つの時代の終わり」を感じずにはいられなかった。

ジョブズ氏の功績について私ごときが語るのも野暮であろう。

ただ、一つだけ個人的な思い入れを語るとするならば、初めて自分が手にしたマシンだったということ。
個人ユーザーではMacが圧倒的にマイノリティーだった当時(周りの同世代には皆無だった)、
出会ったのは貝殻型の斬新なデザインのボディー。そして操作の分かりやすさ。
以来、更新しつつも使い続けてきたが、いずれも本当に楽しく愛着が持てるマシンであったということだ。

多くの楽曲を持ち歩けるi podを見たとき、時代が変わると感じた。
そして今や誰もが知るi phoneやi pad。
今やメジャーな存在となったMac。

アップルを築きそして再興させたジョブズ氏。
新しいガジェットを世に広め、常にわくわくさせてくれた存在。

心より追悼したいと思う。
[PR]
by ume13years | 2011-10-10 01:17 | 日記
<< 写真部:お題「植物」 9/11 OKSコスプレイベン... >>