10/9 ロケ撮影『FINAL FANTASY X-2(専属カメラマン参加)』(1/5)

「序」
かつてスピラの地には死の影が満ちていた。
機械文明が滅び1000年後、未だ人々を襲い続ける強大なる災厄「シン」。
その恐怖に怯えた人心を掌握していたのは機械の使用を厳しく戒めた寺院エボンの教えだった…。

苦難の末にシンを打ち倒し、
召喚士達の犠牲の上に成り立っていた寺院の腐敗が明るみとなった前作。

続く本作は人々が復興へと力強く歩みだした群像を描いている。
それは前作の重い雰囲気を打ち破るかのように、生への希望、明るさを感じさせる——
旧来との価値観が大きく転換した新しい世界が誕生し、新たな生き方を模索する少女達。

寺院の情報統制が崩壊し、人々の好奇心を満たす新たなニーズが生まれた。
それが貴重な情報が封じられた宝玉を探す「スフィアハンター」としての仕事。
それぞれの思いを秘め、仲間との冒険を通して心に負った傷を癒していく。

平和の訪れとともに、利害関係や思想の対立が生まれる。
だが、共闘して再び世界に破滅をもたらそうという怨念に立ち向かっていく。
人々の「絆」を感じさせる作品である。
e0248503_22185832.jpg

『FINAL FANTASY X-2』



仕事が一息ついたので久々のコスプレ撮影の記事を公開する。
今回は野外ロケ撮影の記録。

ロケ地は神奈川県の某無人島。(なお撮影の可否は管轄部署に確認済み)
モデル役3名に同行し、専属カメラマンとして参加した。
モチーフはゲーム『FINAL FANTASY』シリーズ『X-2』。

まず配役とモデルを簡単に紹介する。

ユウナ役:桜花さん
世界の救世主、大召喚士ユウナはかつての姿。シンを倒した代償に消滅してしまった思い人の消息を追う。
e0248503_22432348.jpg

リュック役:妖さん
機械を捨てないことで寺院から迫害を受けていたアルベド族も今は活躍の場を広げている。親戚のユウナを元気づけるために旅に連れ出す。
e0248503_2337537.jpg

パイン役:たくまさん
シン討伐隊の特殊部隊「アカギ隊」の生き残り。隊が壊滅した謎を追っている、剣技に長けた寡黙な少女。
e0248503_23493714.jpg


今回の撮影のコンセプトは原作よりインスピレーションを得たオリジナルストーリー仕立て。
起承転結の流れをあらかじめ脚本にし、小道具を準備していった。

上陸シーン。
e0248503_22293343.jpg

スフィアハンターカモメ団の飛行艇セルシウス号が渚に着水するイメージ。
カメラ設定でスピード感を演出し、船の舳先から撮影した。

写真は基本的に無加工。カメラ設定、レンズ特性、ストロボライティング、カラーフィルターなどで、イメージを表現している。

以降、「」「」「」「」の構成で順次アップする予定。

使用機材(野外ロケ仕様)
メイン機 D7000
予備機  D7000(桜花さん所有)
照明機材 SB700
レンズ  AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
     AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(NEW)
     AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 
その他  小型三脚、ミニ三脚、丸レフ
     ロスココンバージョンフィルター A-5(オレンジ)、B-6(ブルー)
     PC macbook air 11inch
[PR]
by ume13years | 2011-11-06 22:17 | 肖像写真
<< 備忘録「ライティング実験(その2)」 写真部:お題「読書の秋(愛読書... >>