10/9 ロケ撮影『FINAL FANTASY X-2(専属カメラマン参加)』(2/5)

『FINAL FANTASY X-2』

前回の「」に続き、コスプレの野外ロケ撮影の記録を公開する。
今回は原作よりインスピレーションを得たオリジナルストーリー。

起承転結の流れをあらかじめ脚本にし、テンポよく撮影を行っていった。
ここではストーリーの詳細については割愛させていただくが、
撮り手側のブログらしく、撮影の要点を備忘録としてまとめた物を公開する。
(ストーリーについては桜花さんがフォトッストック形式でまとめてくれました。詳しくはこちら

「起」ー冒険の始まりー
飛空艇で島に上陸したカモメ団のユウナ、リュック、パイン。
お目当てはこの島に眠るお宝「スフィア」だ。
和気あいあいと探索を開始する一行。
e0248503_16283735.jpg

ユウナ役:桜花さん
リュック役:妖さん
パイン役:たくまさん





撮影地点は木漏れ日がまばらに射しこむ、うっそうとした森を貫く回廊。
地明かりは基本的にグリーンがかったぼんやりとした光。
クリップオンストロボのSB700をワイヤレスで使用し、
衣装や肌色本来の鮮やかな色あいを再現した。

e0248503_16492199.jpg

ストロボの閃光はこのようにジャンプの瞬間を写し止めるような使い方もできる。

やや小型のSB700は先代にくらべ操作性が格段に向上し、携帯性も良好。
今回のように移動しながらの撮影にうってつけの機材だと思う。
多灯ライティングで複数持つ際もさほど苦にならないと思うので、
いずれ買い増しをと考えている。

撮影ポイントは細長い回廊。
構図は自ずとその長さを生かしたものになってくる。
2台のカメラにそれぞれ広角ズームと標準ズームをセットし、
イメージが単調にならないように変化をつけていく。

e0248503_1771319.jpg

このショットは自然な雰囲気を出したかったので、
遠くから実際に談笑しながら歩いてきてもらい、撮影した。

e0248503_17291919.jpg

三人の立ち位置は、演じるキャラクターの性格を考慮して決めた。
両方とも画角は35mm(換算53mm相当)。

e0248503_17111518.jpg

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
広角域から望遠域までを幅広くカバーする常用レンズとして使用。

一方で、広がりや遠近感を出す場合には広角ズームを選択する。
e0248503_1716513.jpg

遠近感により元気なリュックが先陣切って、ぐいぐいと引っ張っていく勢いを強調。

e0248503_172445.jpg

扱いは難しいが、超広角側で寄るとかなりインパクトのある絵が撮れる。
両方とも12mm(換算18mm相当)を使用。

e0248503_17273615.jpg

AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-EDを使用。

今回は移動が多く、短時間に多くのカットを決めていくロケ撮影。
頻繁なレンズ交換が行いにくい野外では、特にズームレンズのありがたみを実感した。

画角は上記の2本で12-120mm(換算18-180mm相当)をカバー。
そのなかでも実際に使う画角は「12」「24」「35」「50」「85」「120」と決めており、
あらかじめ絵の仕上がりをイメージしてからカメラを構えるよう心がけている。

以降、「」「」「結」の構成で順次アップする予定。

使用機材(野外ロケ仕様)
メイン機 D7000
予備機  D7000(桜花さん所有)
照明機材 SB700
レンズ  AF-S DX Zoom-NIKKOR 12-24mm f/4G IF-ED
     AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
     AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G 
その他  小型三脚、ミニ三脚、丸レフ
     ロスココンバージョンフィルター A-5(オレンジ)、B-6(ブルー)
     PC macbook air 11inch
[PR]
by ume13years | 2011-11-27 16:29 | 肖像写真
<< 写真部:お題「☆」 写真部:お題「食欲の秋」 >>