撮影技法「集団肖像(立ち位置・ポーズ)」

2011/11/19撮影

スタジオ クレアトゥール(谷在家)
e0248503_19112217.jpg

作品「秘密の放課後」
初音ミク役:綺水瑪瑙さん
鏡音リン役:霞れんふぁさん
巡音ルカ役:聖さん
GUMI役:RICOさん
Lily役:桜花さん

スタジオ撮影の記録を公開。
VOCALOIDの楽曲作品「秘密の放課後」より、
イラストの配列を再現するように撮影した1枚。

今回は私が仕事で撮ることの多い、
「集団肖像」の撮影技法を紹介する。

なお、目つぶりは人数が増えるほど注意が必要だ。
撮影しながら皆さんに写真を見せながら、
このシーンはテイク12でOKとなった。



ニコンD7000
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
50mm
1/160秒
F8
ISO200
スポット測光
WB:5560K RAW
ピクチャーコントロール:ニュートラル
三脚使用 Nikon Camera Contolor Pro2使用
ストロボ PE-60SG使用


まず、カメラを三脚に固定して構図を決める。

次にライティングをセット。
ストロボは大光量のPE-60SGをライトスタンドに固定。
e0248503_19232510.jpg

これを白アンブレラでバウンスし、教室らしい明るい雰囲気を出すために左側サイドに設置。
右サイドには備え付けのカポック(白い屏風)を広げシャドウを起こす。

Nikon Camera Contolor Pro2使用し、MacBookAirでカメラを操作する。
撮影前に自分(梅2)でライティングをチェック。
シャドウの出方を見ながら照明機材の位置を微調整していく。
e0248503_193946100.jpg


一度セッティングしてしまえば、以降は安定した撮影環境が維持される。

このセッティングで撮影したバリエーションカットは以下の数点。
e0248503_1953036.jpg

立ち位置やポーズは、設定キャラクターの性格や背の高さ、髪の色を考慮して相談の上で決めていった。
e0248503_19551896.jpg

オリジナルのベストショットはミクを中心にしたこの一枚。
縦構図にして立体感を強調。

赤いリボンや華のデコレーションは、
皆さんのアイデアを頂戴し、華やかな雰囲気になった。


なお、集団肖像の基本中の基本は、全員の顔が見え、目を開け、
正面を向き、ピント、露出の差を極力なくして撮る写真館のそれである。

ひな壇に並び、ライティングで均一な光を作り、絞りを十分に絞ってパンフォーカスを得る。
こうして撮った一枚は非の打ち所のない完璧な写真だ。
だがそれゆえにいわゆる「記念写真」となってしまう。

今回はこうした基本をふまえた上で、これを少しずつ崩し、
作品の雰囲気を作り上げていった。

それについては後日、あらためて紹介する予定である。
その記事はこちら
[PR]
by ume13years | 2012-01-22 19:11 | 肖像写真
<< 写真部:12/30 TFTコス... 写真部:お題「カラフル」 >>