撮影技法「集団肖像(情景描写2)」

2011/11/19撮影
e0248503_22491067.jpg

スタジオ クレアトゥール(谷在家)
ミク達の愉快な学園生活をイメージした放課後。
それぞれのキャラクターの性格を考えながら生き生きと演じていただいた。

作品「秘密の放課後」
初音ミク役:綺水瑪瑙さん
鏡音リン役:霞れんふぁさん
巡音ルカ役:聖さん
GUMI役:RICOさん
Lily役:桜花さん


前回記事の撮影技法「集団肖像(情景描写)」はこちら
前々回記事の撮影技法「集団肖像(セッティング)」はこちら
前々々回記事の撮影技法「集団肖像(立ち位置・ポーズ)」はこちら

前回公開分の内容に続き、今まで自分が撮影してきた集合写真における「不自然さ」や「物足りなさ」を打破し、ストーリー性を持たせるべく取り組んだ実験である。

なお今回はさらにコンセプトを押し進め、画面構成を考え、あらかじめそれぞれのカットの主役、脇役、シーンを設定し、撮影した。

撮影データーは以下の通り。
D7000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
F2.8〜5.6 1/160秒 ISO400
マルチパターン測光
WB:晴天 RAW
手持ち撮影
ストロボ SB700使用


顔が見えないキャラや、ピントが甘くなっているキャラもいるが、それは脇役の設定とご理解いただきたい。
シーンに居合わせたそのキャラクターならどう振る舞うかを相談しながら演じてもらった。

冒頭のカットは日直で黒板を消すミク、おしゃべりを始めるリンとGUMIに応じるルカ、Lilyは足早に帰ろうとするが、教室を出る直前でミクから挨拶され、思わずそれに応じてしまったというシーン設定。主役はもちろんLilyとミクだ。
(なお、この性格付けは公式なものではないことを断っておく。)



e0248503_23224651.jpg

ミクと挨拶したことで、Lilyは掃除をサボろうとしていたことを委員長のルカに見とがめられ、脱出に失敗。ミクはマイペースに黒板を消し終わり、後ろの黒板消しクリーナーを作動させる。
GUMIは椅子と机を黙々と片付け、リンは箒を掛けながらもミクとぺちゃくちゃ。
全体的に騒がしい雰囲気だ。
このカットの主役は言うまでもなくルカになる。

e0248503_23415081.jpg

掃除が終わり、小腹が空いたのでお菓子を広げる一同。
e0248503_0372779.jpg

おしゃべりに夢中になり、いつしか西日が差し始める…。

e0248503_23302229.jpg

みんないつまでも残っていないで早く帰ろうね(笑)。

楽曲「秘密の放課後」のオリジナルはこちら(音量注意)。
曲調は懐かしのアイドルグループといった印象を受ける。

ややハレンチでけしからん内容の歌詞ではあるが、
彼女達のアバンチュールの対象は一切触れられていない。
受け手の想像に任せるということなのだろう。

若干自由すぎる学園生活の描写となったが、女子高生の皆さんは真面目に勉強しましょう(汗)。
[PR]
by ume13years | 2012-02-16 00:03 | 肖像写真
<< 撮影技法「肖像写真(多灯ライテ... 写真部:お題「美」 >>