ギャラリー「マイクロレンズ(望遠撮影)」

タイトル【双燕】
e0248503_0115977.jpg


D7000
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
F3.2 1/1600秒 ISO100


つがいのツバメ。
オシドリ夫婦という言葉があるが、鳥類は生涯パートナーを変えなかったり、共同で子育てをしたり、概ね仲睦まじい。
単にそれが彼らの生存戦略に過ぎないにしても、我々人間はそんな姿に自らを重ね合わせ、憧憬の念を抱いてしまう。





今回はNikonのマイクロレンズを使った望遠撮影。
電線に留まったつがいのツバメを撮影した。
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDは、望遠用途と、接写用途とで、
オートフォーカスの範囲を切り替えるスイッチがついている。
これにより、マクロレンズ特有のオートフォーカス時のもたつきがかなり軽減されている。

それでも動きの早い被写体になると不向きかと思えるが、そこは適材適所。
このマイクロレンズの解像感はピカイチなので、望遠での静物撮影や、ポートレート用途にも積極的に持ち出したいと思う。
[PR]
by ume13years | 2012-08-02 08:28 | ギャラリー
<< 20120803速報 お題「光」 >>