津軽弘前 建物探訪

だいぶ空いていましたが、久しぶりに記事を更新。

毎度、おなじみの取材中の合間を使っての趣味の建物探訪。
取材にサブカメラとして持っていった、D600に単焦点標準レンズの構成で気軽に撮影した。

e0248503_22535897.jpg

旧弘前市立図書館
ルネサンス風木造建築
明治39年に地元の篤志家達の出資により建設


ニコンD600
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
撮影日:2012/10/24
撮影場所:弘前市(青森県)






e0248503_2318512.jpg

JR奥羽本線 弘前駅前より出発。

e0248503_23165712.jpg

弘前観光の拠点となる観光案内所。駅より徒歩20分ほどで到着(タクシーの利用がオススメ)。

e0248503_23184348.jpg

建物内には大迫力の「ねぷた祭り」の展示。

e0248503_2320529.jpg

当地には津軽蕎麦という郷土料理がある。
そば粉のツナギに大豆を使うという、独自の製法が特徴。

e0248503_23215444.jpg

旧東奥義塾外人教師館は瀟洒なカフェとして営業中。

e0248503_22475311.jpg

近郊にある教会建築も見所。
弘前教会
ゴシック式木造建築
明治8年創設の東北最古のプロテスタント教会

洋風建築だけでなく、城郭も見所である。
e0248503_2337444.jpg

弘前城の大手門を臨む。

e0248503_2328994.jpg

朱塗りの橋より天守閣を仰ぎ見る。


D600はその軽快さこそが最大の持ち味だと思う。
メインとして使っているD800と比べより軽快で、フットワークも向上。
そしてWi-Fiトランスミッター「WU-1b」との組み合わせることで、デジタル一眼レフの高画質の画像が出先でも簡単にiphoneに取り込めることが、このカメラに利便性を感じる大きな理由である。


さらに気軽な携帯カメラを使った旅情の記事
以前アップした飯田線の牛久保駅はこちら
[PR]
by ume13years | 2012-11-28 23:33 | ギャラリー
<< 写真部【no title】 お題「CTY#02」 >>