<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

お題【フィギュア】

タイトル「酔いどれニャンコ」
e0248503_23263721.jpg

〈李白より 月下独酌〉
花間一壺酒
独酌無相親
挙杯邀明月
対影成三人
月既不解飲
影徒随我身
暫伴月将影
行樂須及春
我歌月徘徊
我舞影零乱
醒時同交歓
醉后各分散
永結無情遊
相期獏雲漢


〈書き下し文〉
花間一壺の酒
独り酌みて相ひ親しむ無し
杯を挙げて明月を邀へ
影に対して三人と成る
月既に飲むを解せず
影徒らに我が身に随ふ
暫らく月と影とを伴って
行樂須らく春に及ぶべし
我歌へば月徘徊し
我舞へば影零乱す
醒むる時同に交歓し
醉ひて后は各おの分散す
永く無情の遊を結び
相ひ期せん獏かなる雲漢に

D7000
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
F11 1/160 ISO100
SB-910 1/4発光 コマンダーモード


雪積もる新宿、戯れにガシャポンを嗜んだ。
動機はニャンコ先生の“ブサかわ”な姿に惹かれてだった。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-29 23:42 | 写真部

ギャラリー「肖像写真(ルポタージュ・フォト)」

タイトル【翠の煌めき】
e0248503_0225248.jpg

D7000
Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
撮影日:2012/02/12
撮影場所:小坪漁港


湘南海岸、初春の風物詩、ワカメ漁。
漁師さん達の仕事場にお邪魔し、会話をしながら、作業中の肖像を撮影させていただいた。

久しぶりにイベントや撮影会以外の肖像写真の作品を公開する。
以前の作品、鎌倉人力車の車夫さんたちを撮影させていただいた「ヒーローズ・オブ・カマクラ」はこちら

この日は別件の作品づくりのため、カメラ機材を持ち歩いていた。
撮影ポイントへの道すがら漁港前を通りかかった時、褐色のワカメを湯で茹で、日に干す光景に出会い、その鮮やかに変化した翠の煌めきに目を奪われた。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-27 23:51 | ギャラリー

ギャラリー「風景撮影(組み写真)」

タイトル【夜の帳(とばり)】
e0248503_1933592.jpg

D7000
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
F8 2秒 ISO100
マルチパターン測光
三脚固定
レリーズ使用
撮影日時:2012/02/12 17:58
撮影地:小坪飯島公園

今回は組写真を公開する。
一枚目は黄昏時のゴールデンアワーに逗子マリーナ近くの海岸公園で撮影。

刻一刻と変化する色彩はまさに「マジックアワー」だ。
5分もたたずに茜色だった空がみるみる碧色へと変化していく。
この様子を古くは「夜の帳(とばり)が下りる」と言った。

天から青い垂れ絹が下りていくように、色が変わっていくからだろう。
まさに言い得て妙である。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-25 20:02 | ギャラリー

撮影技法「肖像写真(補助光としてのストロボ/野外ロケ編)」

<前略>
物書きゆえの悲しい性かもしれませんが、記事を公開してから初日は文章を何度も見直してしまいます。
見てしまうと無性に書き直したくなり、修正を繰り返しているうちにテーマそのものが変わってしまうことも珍しくありません。
公開直後に見ていただいた皆さん、なにぶんご容赦ください。

前回記事の(メイン光としてのストロボ)テーマ【闇を照らす光】はこちら

テーマ【陰を和らげる光】
続くテーマは陰を和らげる光の使い方。
俗に「日中シンクロ(注)」というヘンテコな名称の技法で知られている。

(注:今のような優れた調光精度のストロボはなく、現像するまで結果が分からない銀塩時代、
これを確実に決めるのは面倒な計算式を用いたり、長年のカンといったかなりの熟練を要したようだ。
それゆえ、明るい昼間にストロボを使って撮影するなどということは、一般の人には馴染みのないことだった。
現代において「日中シンクロ」というご大層な呼び名はなんとかならないものかと感じている)

公開するのは明るい日光が射す野外での写真。
e0248503_13182232.jpg

2011/12/11 よみうりランド
作品「刀語(かたながたり)」
鑢七実 役:桜花さん

日光をメイン光、ストロボを補助光として使用した作品を紹介していく。
注意:一部、アニメ「刀語」のネタバレあり。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-25 14:21 | 肖像写真

撮影技法「肖像写真(メイン光としてのストロボ/野外ロケ編)」

テーマ【闇を照らす光】
旧約聖書の始め、天地創造の七日間でのこと。
最初の一日目、混沌の闇の中で神は言った、
「光りあれ」と。
光が生まれ、これを昼とした。

最初の第一声でまず光を作ったとされるのは興味深いが、
現代の写真撮影において、人工の太陽光「ストロボ」の発明により、
われわれカメラマンは光をある程度は操ることができるようになった。

今回は野外ロケでのストロボライティング例を上げていく。
e0248503_1211046.jpg


2011/12/11 よみうりランド
作品「刀語(かたながたり)」
鑢七実 役:桜花さん

設定はすべて同様。

D7000
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
F8 1/160秒 ISO100
マルチパターン測光
WB:オート RAW
スレーブ発光


ストロボと言えばカメラの内蔵ストロボのイメージどおり、まず「明るさを補う」すなわち「暗いところを照らすもの」というのがそもそもの用途だと言える。

暗い室内や野外に置いても日陰、あるいは夕方〜夜間の撮影において気軽に安定した光量を得ることができる。
今回はストロボをメイン光にしたシンプルなライティングについて紹介する。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-24 22:52 | 肖像写真

ギャラリー「広島建物探訪」

ギリシャ神話でパンドーラーが好奇心から匣(壺とも)を開けたとき、一斉に数多の災厄の神々が解き放たれ、唯一人類の手元に残ったのが希望の女神「ELPIS(エルビス)」だった。

私は思う。「災禍の中から希望は生まれる。なぜなら人々がそう強く願うからだ」と。

タイトル【希望の女神】
e0248503_23361473.jpg

D7000
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
24mm
F11 1/100 ISO100
マルチパターン測光 WB:5260K
撮影地:原爆ドーム


2月9日(木)仕事で広島へ取材に出かけた折、趣味の建物探訪を行った。
訪問から2週間が経過し、原稿も一段落したので写真を公開する。

前回の博多建物探訪はこちら
前々回の大阪建物探訪はこちら

各地の建物探訪だが、毎度日帰りのため、あまり時間を割けない(もちろん仕事もある)。
そこで今回は目的地を一つに定め、取材後の夕方~日没まで撮影を行った。

目的地はご存知、世界遺産(負の世界遺産とされる)「原爆ドーム」。ここには震災前にも訪れているが、今一度どうしても目にしておきたかった。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-22 23:19 | ギャラリー

撮影技法「肖像写真(多灯ライティング)」

11/19 スタジオ クレアトゥール(谷在家)
作品「秘密の放課後」

無事に集合写真を撮り終え、今回の任務終了となった。

その後、モデル役の皆さん同士、一人づつ「囲み撮影」が始まったので、一緒に参加させていただいた。

私の場合、囲み撮影ではシステム全体の取り回しの良さと、映り込みの回避を重視している。
例えばクリップオンのSB-700をブラケットでカメラに接続し、今回のスタジオのような低くて白めの天井であればバウンスで光を回す。

レンズは望遠側の最大開放とし、作品にマッチしたボケを使った柔らかな表現で統一した。最後は機動性の高い軽快な装備に切り替えて気楽に撮影に加わった。

以降に一人ひとりのピン写真を1枚づつ公開する。
e0248503_2315881.jpg

初音ミク役:綺水瑪瑙さん
D7000
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
120mm
F4 1/20秒 ISO200
マルチパターン測光
WB:オート RAW
ストロボ SB700 i-TTL バウンス


More
[PR]
by ume13years | 2012-02-17 07:58 | 肖像写真

撮影技法「集団肖像(情景描写2)」

2011/11/19撮影
e0248503_22491067.jpg

スタジオ クレアトゥール(谷在家)
ミク達の愉快な学園生活をイメージした放課後。
それぞれのキャラクターの性格を考えながら生き生きと演じていただいた。

作品「秘密の放課後」
初音ミク役:綺水瑪瑙さん
鏡音リン役:霞れんふぁさん
巡音ルカ役:聖さん
GUMI役:RICOさん
Lily役:桜花さん


前回記事の撮影技法「集団肖像(情景描写)」はこちら
前々回記事の撮影技法「集団肖像(セッティング)」はこちら
前々々回記事の撮影技法「集団肖像(立ち位置・ポーズ)」はこちら

前回公開分の内容に続き、今まで自分が撮影してきた集合写真における「不自然さ」や「物足りなさ」を打破し、ストーリー性を持たせるべく取り組んだ実験である。

なお今回はさらにコンセプトを押し進め、画面構成を考え、あらかじめそれぞれのカットの主役、脇役、シーンを設定し、撮影した。

撮影データーは以下の通り。
D7000
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
F2.8〜5.6 1/160秒 ISO400
マルチパターン測光
WB:晴天 RAW
手持ち撮影
ストロボ SB700使用


顔が見えないキャラや、ピントが甘くなっているキャラもいるが、それは脇役の設定とご理解いただきたい。
シーンに居合わせたそのキャラクターならどう振る舞うかを相談しながら演じてもらった。

冒頭のカットは日直で黒板を消すミク、おしゃべりを始めるリンとGUMIに応じるルカ、Lilyは足早に帰ろうとするが、教室を出る直前でミクから挨拶され、思わずそれに応じてしまったというシーン設定。主役はもちろんLilyとミクだ。
(なお、この性格付けは公式なものではないことを断っておく。)

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-16 00:03 | 肖像写真

写真部:お題「美」

タイトル【ヴェヌスの櫛】
e0248503_22203786.jpg

D7000
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
F8 1/160
ISO 100
マルチパターン測光
WB:電球色
SB-700 SB-910使用

撮影日:2012/2/13
被写体:ホネガイ


久しぶりの撮り下ろしを公開する。
テーマは「美」。

タイトルは英名の「Venus comb」より。

ギリシャ神話の美と愛の女神ヴェヌス(ビーナスとも)はローマ時代、
女神アフロディテと同一視され、金星を司るとされた。
占星術のマークは手鏡の形より「♀」とされたが、これは後に女性を現す記号となった。
ちなみに「♂」は槍と盾の形より、火星を司る軍神マールス(マルスとも)が由来とされている。

さて房総半島以南〜インド太平洋に生息するアクキガイ(悪鬼貝)科のホネガイ。
禍々しい和名に対し、英名はいたって優美。

私は子供の頃、シェルコレクターであった。
大部分は処分したが、これはそのころ収集したものだ。
所々の刺が欠けているのは経年劣化とご容赦願いたい。

自然の造形美には心惹かれるものがある。

以下に撮影方法の備忘録を公開する。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-14 22:20 | 写真部

ギャラリー「マイクロ撮影」

タイトル【魁の一輪】
e0248503_2238456.jpg

D7000
AF-S DX Micro NIKKOR 85mm f/3.5G ED VR
F36 1/160秒
ISO 800
マルチパターン測光 WB:オート
Panasonic PE-60SG
三脚使用

撮影日:2012/2/12
撮影地:鶴岡八幡宮
被写体:八重咲きの紅梅

残念ながら今年はまだほとんど咲いておらず、咲いている花を探しまわることとなった。
なお誤解のないように申し上げると、夜間ではなく昼間に撮影した一枚である。

More
[PR]
by ume13years | 2012-02-13 22:51 | ギャラリー